歯磨き粉

あごニキビってどうしてできるの?

おでこなどとは違い、元来さほど汗をかく事がない箇所にも関わらず、あごニキビに悩む人も少なくありません。
あごは普段汗をかかない分、毛穴自体が非常に繊細な状態となっており、一旦ニキビが出来てしまうとそれが悪化しやすい傾向が見られます。
あごの皮膚はおでこなどと比較すると「弱い」箇所である事をまずは知っておきましょう。

ちなみにあごニキビの原因は大きく2つが挙げられ、男性では髭剃り時などに外側から大きな刺激を与えてしまい、それがニキビを誘発してしまうケースが圧倒的です。
対して女性では体内のホルモンバランスが崩れる事が大きな要因となっています。
女性が自身のホルモンバランスを崩してしまう原因としては、自身の日々の生活に於けるさまざまなストレス、不規則な睡眠、生理前のホルモンバランスの変化などが挙げられます。

こうした身体の変化から皮脂が過剰分泌されてしまい、いわゆる「オイリー肌」と化してしまうんどえす。
この状態で朝から深夜までメイクした状態を続ける事で、結果あご付近の毛穴が完全に詰まった状態と化してしまい、結果ニキビを発症してしまうのです。
そして先に述べた通り、身体の皮膚の中でも決して強い部分では無いため、一旦ニキビが出来てしまうと直ぐに悪化してしまうケースが少なくないのです。
こうしたあごニキビの予防対策としては、男性であれば乱暴な髭剃りを慎む事から着手すると良いでしょう。

肌に優しいシェービングクリームを用い、錆びたカミソリを無理矢理遣い続けるなどの間違った行為は止めましょう。
髭剃り後のアフターケアも大切です。
女性の場合、生理が原因のホルモンバランスの変化は自身ではどうする事が出来ない部分もありますし、実社会の人間関係から来るストレスなども回避が難しいのが現状ですので大変でしょう。

それでもストレスと上手く発散し、十分な睡眠とバランスの取れた食生活を心掛けるなど、あごニキビ防止に繋がる予防法は幾つも実践が可能です。
これは女性のみならず、男性にも共通して言える事ですので、男性諸氏も健康的な日常生活を心掛けてください。
多くの方々は「あご」という身体の部位を「頑丈屈強な場所」だとイメージしがちですが、ニキビという視点からすれば非常に脆い皮膚を持つ部分なのです。
特に普段活発に機能しているとは言えない毛穴は非常に繊細ですので、極力無用なダメージを与えぬように注意する事で、少しでも未然にあごニキビの発症を予防していただきたいと思います。

このページの先頭へ