歯磨き粉

ニキビを潰してはいけない理由

周囲の人達の視線のみならず、痒みや軽い痛みを感じるニキビはズバリ「苦になる存在」です。
無意識のうちにプチッと潰してしまう習慣がついてしまっている方も大勢おられますが、じつはこれ、非常に危険な行為なのです。
当人からすれば「憎きニキビを1つ葬ってやった」的な行動なのでしょうが、結果更に症状を悪化させるばかりか、更に深刻な事態すら招き兼ねない事をぜひ、この機会に覚えておいてください。

ニキビ自体が雑菌の塊であり、潰せば当然膿が周囲の皮膚に付着します。
発症した付近の皮膚自体、既に本来の健康な状態と比較して弱り傷ついており、膿が傷口や弱った箇所から皮膚内に侵入してしまうと、そこから更なる悪化が進行してしまいます。
1つ潰してしまったが為に、結果新たに複数のニキビが発症してしまったとすれば、これは悲し過ぎる展開です。

更に弱っている皮膚に雑菌が混入すれば、別の皮膚病の発症のリスクも高まります。
皮膚病を患った状態の皮膚にニキビが発症しているとなると、これは深刻な事態であり、治癒にも時間を要してしまい兼ねません。
また無理矢理潰してしまった場合、その痕跡が刻まれてしまうケースが数え切れません。

本来であれば皮膚自体が自力で健康を取り戻し、発症する前の正しい皮膚の状態に復元すべきなのですが、無理に潰してしまうと付近の細胞組織が正しく復元出来なくなります。
これがニキビ跡の赤みや凹凸となって皮膚に刻まれる状態であり、細胞組織自体が復元出来ない状況が露呈した症状なのです。
万一、潰してしまった事でこれら別の症状が発症したり、痕跡が消えない状況を招いてしまった場合は速やかに皮膚科を訪れ専門医の診察を受けてください。

また一読するのに勇気が必要かと思いますが、ニキビを潰してしまったが為に深刻な事態に陥ってしまった体験談などをインターネットで閲覧する事も可能です。
悲惨な自らの経験を配信する事で、ニキビを潰してしまう事の怖さを警告してくれていますので、無意識に潰す癖が着いてしまっている方は自身を戒める意味でも一読されてはどうでしょうか。
ニキビの原因は皮膚の深い部分に存在しているのが常であり、一朝一夕の改善を焦って望んでは逆効果です。
何より無用な刺激を与える事がニキビにとって最も悪しき行為です。
無意識に触れる、マスクなどを装着して摩擦を与えてしまうなどの愚行を防ぎ、自身の症状に適した治療法を根気良く継続しなければなりません。

このページの先頭へ